BELI - PT. Global Digital Niaga Tbk

Rp 454

0 (0%)

【ジャカルタ】「Blibli」と言う電子商取引や「Ranch Market」と言うスーパーのプラットフォームを経営し、Djarumグループが所有される会社、PT Global Digital Niaga Tbk (BELI)は2022会計年度にIDR 5.50 trillionの損失を記録した。

その損失はIDR 3.33 trillionを記録された2021年に比べ、2022年に65.16%伸びた。事実上、当社は2022年11月に新規株式公開を行ったばかりであった。

近時、リリースされた財務報告書によれば、BELIのトップライン業績は実は積極的に伸びた。これはIDR 8.85 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 15.26 trillion、72.42%伸びた収入に見られる。

しかし、2022年に増えたその収入はIDR 8.27 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 14.04 trillion、70%伸びた売上原価が伴った。それだけではなく、販売費はIDR 2.89 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 3.37 trillionにも上昇した。

idnfinancials.comのデータによると、BELIはその新規株式公開を通じて、IDR 7.7 trillionの新規資金を得た。その新規株式公開の資金のIDR 5.5 trillionは債務を返済する為、その残り資金は運転資本の為、使途された。現在、その新規株式公開の残り資金はIDR 1.15 trillionを記録される。 (NR/KR/LM)