IPCC - PT. Indonesia Kendaraan Terminal Tbk

Rp 700

+10 (+1,45%)

【ジャカルタ】PT Indonesia Vehicle Terminal Tbk (IPCC)の利益はIDR 60.05 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 161.72 billion、169.28%急上昇した。それは2021年に比べ、2022年に40.58%伸びた収入が伴った。

2023年3月30日(木)に公表された2022年財務報告書によれば、IPCCの取締役社長、Andi Hamdani氏が営業所得は2022年にIDR 726.57 billionを記録され、IDR 516.83 billionの2021年に比べ、増加したと語った。粗利益は2022年にIDR 346.84 billionを記録され、IDR 198.24 billionの2021年に比べ、増加した。そして、営業利益は2022年にIDR 245.05 billionを記録され、IDR 113.27 billionの2021年に比べ、増加した。

その収入の最大の貢献者はIDR 478.14 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 671.07 billionを高く貢献したターミナルサービスであった。そして、商品サービスは2022年にIDR 38.43 billionを記録され、IDR 32.55 billionの2021年に比べ、増加した。雑報事業サービスはIDR 4.98 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 8.81 billionに増加した。土地・建物・水道・電気事業はIDR 1.15 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 8.25 billionに増加した。 (NR/LK/LM)