ITMG - PT. Indo Tambangraya Megah Tbk

Rp 25.525

-50 (-0,20%)

【ジャカルタ】PT Indo Tambangraya Megah Tbk (ITMG)はUSD 1.2 billionの2022会計年度の親会社に帰属する全純利益から取られるUSD 774.15 millionの現金配当を割当てる。その残りUSD 425.91 millionは事業拡大の為、留保利益として割当てられる。

PT Indo Tambangraya Megah Tbk (ITMG)の会社秘書役、Monika Ida Krisnamurti氏がUSD 299.51 million又は一株当たりIDR 4,128の現金配当は2022年11月22日に中間配当として株主に流通された一方で、残りUSD 474.63 million又は一株当たりIDR 6,416は現金配当として流通されると語った。

「その現金配当は2023年4月18日に株主に流通され、その記録日は2023年4月12日に予定されます。」とMonika氏は2023年3月31日(金)に引用された定時株主総会の情報開示を通じて、述べた。

その株主総会は有効な投票を持っている80.07%の全株を代表する9億467万株の株主が出席された。

2022年に、当社は1,890万トンの石炭売買高を、USD 3.63 billionの収入を、USD 1.19 billionの純利益を記録した。2021年に、その利益はUSD 2.07 billionを、純利益はUSD 475.39 millionを記録された。 (NR/LK/ZH)