TLKM - PT. Telkom Indonesia (Persero) Tbk

Rp 3.090

+30 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Telkom Indonesia (Persero) Tbk (TLKM)はインターネット(WiFi)・デジタルサービス事業セグメント、IndiHomeのスピンオフを通じて、事業を廃合整理する。その条件付きスピンオフ契約は2023年4月6日に正式に締結された。

Telkom Indonesiaのインベスターリレーションズ副社長、Edwin Sebayang氏が分割されるIndiHomeの事業セグメントの価値はIDR 58.24 trillionに及ぶと語った。「それは情報通信セクターの競争力と競争の利点を維持する為です。」とEdwin氏は2023年4月6日(木)に情報開示を通じて、述べた。

この計画通り、TLKMは固定ブロードバンドとモバイル・ブロードバンド・サービスを一つの事業体に合する計画である。このスピンオフによって、当社は全階層へのブロードバンド・サービス拡大を加速する目的がある。

このスピンオフ計画に関して、Telkomselの別の株主、Singapore Telecom Mobile Pte Ltd (Singtel)はIDR 2.71 trillionの資本をTelkomselに注ぎ込む。

現在、Telkomselの株数は182,570株を記録される。そして、その株主構成はTelkomsel(65%)及びSingtel(35%)である。その企業行動後、Telkomselの株数は217,421株を記録される。そして、TelkomselにおけるTLKMの所有権は69.90%に上昇する一方で、TelkomselにおけるSingtelの所有権は30.10%に低下することになるだろう。 (NR/LK/ZH)