APLN - PT. Agung Podomoro Land Tbk

Rp 152

+1 (+1,00%)

【ジャカルタ】ムーディーズ・インベスターズ・サービスはPT Agung Podomoro Land Tbk (APLN)の格付けを「Caa1」から「Caa2」に降格した。

その格付けはAPLNの企業ファミリー格付け(CFR)及びAPL Realty Holdings Pte Ltdが発行されたUSD 300 millionの優先債券に有効となる。情報上、APL Realty HoldingsはAPLNの子会社の一つとしてでもある。

ムーディーズの副社長兼シニアアナリスト、Rachel Chua氏がこの格付けはAPLNの非持続可能な資本構成を見せると語った。それは高いレバレッジ及び低い金利カバレッジによって示される。

「それは将来的に米ドルの優先債券の保持者の融資斡旋にとって回復より低い返済に対するムーディーズの期待をも反映します。」とChua氏は公式声明を通じて、述べた。

ムーディーズに「Caa2」格付けを貰った債券はある会社の不良財政状態を反映する。それに、APLNは高いクレジットリスクを持っているとも見なされる。

IDNFinancialsのデータによると、2023年3月31日現在、APLNはIDR 922.61 billionの現金及び現金同等物を持っていた。そして、その総資産はIDR 28.09 trillionを、純資産合計はIDR 12.58 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)