ITIC - PT. Indonesian Tobacco Tbk

Rp 268

-2 (-0,75%)

【ジャカルタ】PT Indonesian Tobacco Tbk (ITIC)は今年、IDR 35 billionの設備投資を割当てた。

ITICのコミサリス会長、Shirley Suwantina氏がその設備投資は機械を活性化し、インフラや作業地帯を向上し、原料を購入する為、使途されると語った。「その設備投資の資金源は当社の売上高と収入によるものです。」とShirley氏は2023年5月25日(木)に引用された情報開示を通じて、述べた。

その収入は2022年にIDR 279 billionを記録され、IDR 238 billionの2021年に比べ、17.11%伸びた。2018年に、それはIDR 134.5 billionを記録され、今年まで増え続けた。

その設備投資の割当は2023年末まで、収入成長を支援させることができるように、期待される。「今年の収入目標は10%伸び、利益は当社の内部経費通りです。」とShirley氏は述べた。

ITICの総資産はIDR 526.70 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 553.20 billion、5%伸びた。その負債合計はIDR 202.02 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 188.88 billion、6.5%低下した。純資産合計はIDR 324.67 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 364.32 billion、12.2%伸びた。 (NR/LK/LM)