MTDL - PT. Metrodata Electronics Tbk

Rp 575

+25 (+5,00%)

【ジャカルタ】PT Metrodata Electronics Tbk (MTDL)は2023年に前年比、8%伸びる収入と純利益を目指すことによって現実性になり続ける。

2020年〜2022年、情報技術セクターは迅速に増えても、MTDLの取締役社長、Susanto Djaja氏は2023年に売上高は低下すると予測する。

MTDLがパンデミック危機が静まった後、伸び悩んだハードウェア配布セグメントの業績は2023年第1四半期にこのセグメントの収入を前年比、19.1%に低下させたと認める。しかし、当社はそのセグメントの業績を高める為、物流インフラを築き、無機生長を加速する取組として併合と取得を考慮する事を含め、幾つかの目標を用意した。

一方、当社は特に、2023年第1四半期に前年比、9.6%伸びた売上高を記録したクラウドサービスとサイバーセキュリティ、デジタルソリューション・コンサルティングの潜在的をも観察する。2023年まで、ハイパースケーラー事業のクラウドサービス面においてUSD 20 millionの収入を、今後の3年以内にUSD 50 millionの収入をも目指している。

残念ながら、当社はIDR 5.2 trillionの2022年第1四半期に比べ、2023年第1四半期にIDR 4.5 trillion、前年比、12.8%低下した収入を記録した。その純利益はIDR 164.6 billionの2022年第1四半期に比べ、2023年第1四半期にIDR 146.4 billion、前年比、11%も低下した。「それでも、我々は楽観的に留まります。」とDjaja氏は付け加えた。 (NR/ZH)