BAYU - PT. Bayu Buana Tbk

Rp 1.225

-80 (-6,00%)

【ジャカルタ】PT Pioneerindo Gourmet International Tbk (PTSP)は向上した業績を記録したにも拘らず、2022会計年度の利益から取られる配当金を流通していない。過去2年以内に減った業績を記録した為、配当金を流通しない。

2023年5月30日(火)にidnfinancials.comが取材されたデータによれば、PTSPはIDR 8.71 billionの2022会計年度の純利益を記録した。その全純利益は新店舗を開く為、運営上ニーズと投資として割当てられた。そして、総資産はIDR 291.72 billionを、純資産合計はIDR 135.07 billionを記録された。

配当金を流通しない時期は2020年以降、過去3、4年以内に発生した。2020年に当社はIDR 48.07 billionの親会社に帰属する損失を、2021年にIDR 17.60 billionの損失を記録した。

2020年に、総資産はIDR 380.48 billionを、純資産合計はIDR 145.50 billionを記録された。一方、2021年に、総資産はIDR 323.19 billionを、純資産合計はIDR 127.87 billionを記録された。

2023年4月現在、PTSPの株数は2億2080万株を記録された。そして、その株主構成はPT Graha Sentosa(27.63%)、Standard Chartered Bank(14.14%)、Union Bancaire(10.33%)、PT Bayu Buana Tbk (BAYU)(8.9%)、大衆投資家(39%)であった。 (NR/LK/LM)