INPP - PT. Indonesian Paradise Property Tbk

Rp 980

-90 (-8,41%)

【ジャカルタ】PT Indonesian Paradise Property Tbk (INPP)は今年末まで30%伸びる収入目標が達成できると楽観的である。IDR 600 billion〜IDR 800 billionの設備投資を割当てた。

2023年6月14日(水)に引用された公開暴露において、PT Indonesian Paradise Property Tbk (INPP)の取締役社長、Anthony Prabowo Susilo氏がホスピタリティーセクターはCOVID-19)パンデミックの前に比べ、回復したと語った。「我々は楽観的で、回復は見られました。」とAnthony氏は述べた。

詳細的に、IDR 200 billionの設備投資はジャカルタとバタムのホテル刷新の為、その残りはスマランのアンタサリプレイスの起工式プロセスとパスカルエクステンションの完了の為、使途される。

Anthony氏によると、当社は今年、収入生長に注力しているそうである。したがって、総利益は事業拡大の為、準備金として割当てられる。

その収入の最大の貢献者は75%を貢献した商業・ホスピタリティーセグメントであった。例として、ワンレジデンスバタムと31スディルマンスイーツである。

2022年12月現在、当社はIDR 956 billionの収入を、IDR 577 billionの粗利益を、IDR 69 billionの純利益を記録した。 (NR/LK/ZH)