PTBA - PT. Bukit Asam Tbk

Rp 2.630

+10 (+0,38%)

【ジャカルタ】国有企業大臣、Erick Thohir氏は2023年6月15日に開催された定時株主総会でKurnia Toha氏とRahmat Hidayat Pulungan氏と言うPT Bukit Asam Tbk (PTBA)の新コミサリスを任命した。一方、PTBAのコミサリス会長としてAgus Suhartono氏の役職はPTBAのコミサリスとして務めたIrwandy Arif氏によって入れ替えられた。

2023年6月16日(金)にidnfinancials.comによって取材されたデータによれば、Irwandy Arif氏はバンドン工科大学(ITB)の鉱業石油工学部の教授として知られる。インドネシアの数の鉱業会社の取締役とコミサリスの会員としての記録を持っている。学士と修士はバンドン工科大学(ITB)で獲得され、博士はフランス、ロレーヌ、ロレーヌ国立工科大学で獲得された。

コミサリス会長の入れ替えだけではなく、国有企業省は競争法の身元及び青少年団体の活動家であるKurnia Toha氏とRahmat Hidayat Pulungan氏と言う2名の独立コミサリスをも任命した。

Kurnia Toha氏は2018年〜2023年商戦監督委員会(KPPU)のコミサリスとして、2018年〜2020年商戦監督委員会(KPPU)のコミサリス会長として務める。2007年にワシントン大学の博士を獲得した。

一方、Rahmat Hidayat Pulungan氏はPT Berdikari (Persero)(2013年〜2015年)、PT Rekayasa Industri(2015年〜2017年)、PT Kereta Api Indonesia (Persero)(2017年〜)を含め、 数の国有企業のコミサリスとして務めた。GP Ansorの活動家として知られる。 (NR/LK/LM)