ALDO - PT. Alkindo Naratama Tbk

Rp 850

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】工業用紙管製造会社、PT Alkindo Naratama Tbk (ALDO)はIDR 1.29 billionの2022会計年度の配当金を用意している。この配当金額は財務業績が低下するにつれて、IDR 2.08 billionの2021会計年度より減少した。

本日(2023年6月22日)、インドネシア証券取引所(IDX)で公表された株主総会の議事録によれば、株主は現金配当として2022会計年度の純利益の1.98%の割当を承認した。その配当金を得る権利がある株数は12.9億株に及び、1株当たりを持っている株主はIDR 1の配当金を貰う。

情報上、ALDOは2022年にIDR 65.3 billionのみの純利益を記録し、IDR 100.77 billionの2021年12月末に比べ、大幅に減少した。IDR 2.08 billion又は一株当たりIDR 1.6に及んだ2021会計年度の配当金は2022会計年度のよりも高かった。

通常市場と折衝市場におけるその配当付き・落ちは2023年6月28日・30日に予定される。そして、現金市場におけるその配当付き・落ちは2023年7月3日〜4日、予定される。その記録日付は2023年7月3日に、その配当金支払いは2023年7月21日に行われる。

2023年5月まで、ALDOの68.75%株はPT Golden Arista Internationalが支配された。そして、その22.17%株は大衆投資家が、その残り株はALDOのコミサリス会・取締役会が所有される。 (NR/ZH/LM)