AMOR - PT. Ashmore Asset Management Indonesia Tbk

Rp 760

+5 (+0,66%)

【ジャカルタ】PT Ashmore Asset Management Indonesia Tbk (AMOR)は2023年上期にIDR 32.6 trillionの運用資産を記録し、IDR 33.4 trillionの2022年上期に比べ、2.5%伸びた。しかし、その運用資産はIDR 31.5 trillionの2023年第1四半期に比べ、3.5%伸びた。

AMORの取締役社長、Ronaldus Gandahusada氏が過去1年間に資産管理産業は大幅な挑戦に直面したと語った。「それは特に、ミューチュアルファンド、運用資産を減少させました。」とRonaldus氏は2023年7月14日(金)に引用された情報開示を通じて、述べた。

Ronaldus氏によると、株式市場は下がった物価が引金となり、第4四半期に圧力をかけられた一方で、金利に敏感になった株式は債券市場ほど良い業績を示さなかったそうである。「ピークに及んだ金利の状態はインドネシア債券市場に反映された。その利回りは6.8%から6.2%に低下し、他の新興市場と米国の国債市場より大変上回りました。」とRonaldus氏は述べた。

にも拘らず、Ashmoreの積極的な管理アプローチは比較的に強力な業績を齎らし、一年間以内に64%の運用資産を、3年間以内に98%の運用資産を示された。

Ronaldus氏が資金管理契約の商品への指向に向かられた規制上の変更の影響は運用資産産業の発展を低迷させたと語った。それは前年比、2.5%低下したAshmoreの運用資産を、12ヶ月以内にIDR 32.3 trillion、11.4%低下した平均運用資産にも反映された。しかし、2023年上期から2023年6月まで、+2.3%伸びた運用資産を記録したAshmoreは+1.6の運用資産を記録した資産管理産業より上回った。 (NR/LK/LM)