APLN - PT. Agung Podomoro Land Tbk

Rp 90

-2 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Agung Podomoro Land Tbk (APLN)はPT Bank Danamon Tbk (BDMN)にIDR 1.8 trillionのローンファシリティーを貰った。

APLNとBDMNが2023年7月7日に締結されたローン契約によれば、そのローンファシリティーは契約を変更することによって変更され、追加され、増加され、延長されることができる。

APLNの取締役、Cesar M. Dela Cruz氏がそのローンファシリティーは2024年に満期となるAPL Realty Holdings Pte. Ltdの優先債券を現金で購入するオファーとして出金されたと語った。「元金全額までも当社の絶対的な方針や決定に基付き、定められました。」とCruz氏は公式声明を通じて、述べた。

情報上、BDMNに貰ったそのローンファシリティーはAPLNが所有される幾つかの資産で保証される。それらはモールネオソホにPT Tiara Metropolitan Indahと言う名でのフラット所有権証明書、西ジャカルタに当社が所有されるオフィスビル所有権証明書、バリ、ギアニャルにPT Karya Pratama Propertindoが所有される土地に対する建物使用権である。

そのローンファシリティーで資金を提供されるだけではなく、その優先債券の買い戻しは当社の内部資金をも使途する。特に、当社と子会社の幾つかの資産売却による資金である。 (NR/KR/LM)