DRMA - PT. Dharma Polimetal Tbk

Rp 850

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】インドネシアでより人気が出る電動車両はインドネシアの有名な自動車部品メーカーに恵みを齎らす。DRMAは2023年上期に増えた売上高、粗利益、純利益、純資産を記録した。

純利益は2023年上期にIDR 352.31 billionを記録され、IDR 144.59 billionの2022年上期に比べ、144%大幅に上昇した。それはIDR 1.59 trillionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 2.74 trillion、前年比、72%伸びた売上高が支援された。

DRMAの経営陣によると、四輪車の部品の需要及び電動車両の人気はDRMAの財務業績を増やせた引金となった。「我々はインドネシアの自動車産業が益々発展するにつれて、2023年上期の優良な業績が続けられるように、期待します。」とDRMAの取締役社長、Irianto Santoso氏は述べた。

売上高が上がったにも拘らず、販売費はIDR 2.25 trillionに及んだ。そして、粗利益はIDR 216.36 billionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 485.52 billionに増加した。

財務業績だけではなく、総資産はIDR 2.68 trillionの2022年12月に比べ、2023年6月にIDR 3.39 trillionに大幅に増加した。

今年、当社はインドネシアの車メーカーの一つに電動車両用電池開発計画を貰った。新たなエレクトロ・ディッピング・ラインを設置する準備ができ、国内の電動車両利用の進歩に貢献するのを目指す。 (NR/ZH)