BIPI - PT. Astrindo Nusantara Infrastruktur Tbk

Rp 63

-1 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Widodo Makmur Unggas Tbk (WMUU)の支配株主兼親会社、PT Widodo Makmur Perkasa Tbkは前日、WMUUの13億株以上を購入した後、2023年8月1日(火)にそれらを直ぐ売却した。一日限り、WMUUの40.5%株を支配したが、現在、WMUUの約30.39%株のみを所有している。

なお、株式を売却した他の幾つかの外国投資家もいた。GOTO Peopleverse Fundは技術会社、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の4483万株を、シンガポール投資家、CGS-CIMB Securities (Singapore) Pte Ltdは石油ガス探査会社、PT Astrindo Nusantara Infrastruktur Tbk (BIPI)の2000万株を、Bintang Bara B.V.はエネルギー会社、PT TBS Energi Utama Tbk (TOBA)の415万株を売却した。織元、PT Eratex Djaja Tbk (ERTX)の支配株主、PT Ungaran Sari GarmentsはERTXの800,000株を売却した。

一方、PT Ramayana Lestari Sentosa Tbk (RALS)はRALSの1350万株を買い戻した。なお、PT Merdeka Energi Nusantaraは今回、PT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)の325万株を、PT Bogamulia Nagadiは製薬会社、PT Tempo Scan Pacific Tbk (TSPC)の54,300株を購入した。対外買面において、日本の太平洋セメント株式会社はセメント生産業者、PT Solusi Bangun Indonesia Tbk (SMCB)の500,000株を、Phillip Securities Pte Ltdは土建屋兼内装会社、PT Sumber Mas Construction Tbk (SMKM)の251,000株を購入した。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、マーケットヒントに関する最新情報をご覧下さい!