ADMR - PT. Adaro Minerals Indonesia Tbk

Rp 1.470

+15 (+1,03%)

【ジャカルタ】PT Adaro Energy Indonesia Tbk. (ADRO)の取締役社長兼最高経営責任者、Garibaldi Thohir氏が2023年の石炭販売量目標に関する楽観的を述べた。なぜなら、出炭量は2023年上期に3341万トンを記録され、2802万トンの以前に比べ、19%伸びた。

一方、石炭販売量は2023年上期に3262万トンに及び、2750万トンの以前に比べ、19%も伸びた。「ADROは約6200万トン〜6400万トンに及ぶ2023年の石炭販売量目標を達成する準備ができております。」とGaribaldi氏は2023年8月9日(水)にプレスリリースを通じて、述べた。

Boy Thohir氏とよく呼ばれるGaribaldi氏が2023年上期の業績は長期的に持続可能な事業成長をも示されると語った。

この頃、ADROの子会社、PT Adaro Minerals Indonesia Tbk (ADMR)は年毎に500,000トンの容積を持っているアルミニウム製錬所プロジェクト開発の為、2023年5月にUS$ 1.58 billion又はIDR 2.5 trillionの決算を貰った。

ADMRの子会社、PT Kalimantan Aluminum Industry (KAI)が行われるその製錬所プロジェクトはAdaroの事業を鉱物加工セクターに展開する事において大きなイベントとなっている。2023年第2四半期に、KAIは整地、土塁、仮桟橋の建設を完了した。 (NR/AM/LM)