ARNA - PT. Arwana Citramulia Tbk

Rp 670

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Arwana Citramulia Tbk (ARNA)は減少した2023年第1・2四半期の業績を記録した後、2023年を現実的に立ち向かい、利益目標をIDR 444 billionに減らす。

ARNAの最高財務責任者、Rudy Sujanto氏が当社は2023年の純利益予測をIDR 631.5 billionからIDR 444 billionに大幅に修正せざるを得ないと語った。「それはIDR 447 billionに及んだ2021年よりも低いです。」とRudy氏は2023年8月30日(水)にArwana Citramuliaの本社のインタビューの間に述べた。

「この利益予測の修正は2023年6月までの売上高と同じく、下期の売上高の仮定に基付き、行われ、7月の売上高を考慮します。」とRudy氏は説明した。

当社は2023年第1・2四半期に前年比、低下したトップラインとボトムラインを記録した。2023年第1四半期に、収入は前年比、11.2%、利益は前年比、15%低下した。2023年6月まで、売上高は前年比、9.76%低下した結果、利益は前年比、20.4%減少した。

この業績悪化に関して、ARNAの最高執行責任者、Edy Suyanto氏は懸念しないと認めた。「産業の上下は日常茶飯事です。重要名のは将来的な需要を手に入れる事です。」とEdy氏は述べた。Edy氏によると、インドネシアのセラミック産業の潜在的は未だ大きく、セラミック産業は発展できるように、経済成長が安定になるまで、時間の問題だそうである。

その戦略通り、当社は2023年10月に市況が向上した場合、製品供給を準備したと言われる。「我々は配布される準備ができている700万平方メートルのセラミックを持っている為、価値を手に入る覚悟ができております。」とRudy氏は述べた。

セラミック産業の業績悪化の原因に関して、Edy氏がこの事態は全ての産業セクターにも発生すると考える。「政府は慎重にならなければなりません。なぜなら、現状の購買力(インドネシア国民)に何か問題があります。低下が発見され、それはセラミックセグメントに発生するに限りません。」とEdy氏は付け加えた。 (NR/ZH)