MBMA - PT. Merdeka Battery Materials Tbk

Rp 650

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)はその子会社の一つ、PT Sulawesi Cahaya Mineral (SCM)とのUSD 35.96 millionのローン契約を締結した。

その契約において、同ローンはSOFR(担保オーバーナイト融資金利)と年毎に4.75%マージンを持っている。それは2023年9月26日以降、有効となる。

MBMAの経営陣がそのローンファシリティーはSCMの運転資本を増やす為、使途されると語った。「それは従業員とプロのコスト、国庫へのロイヤルティー費用、荷役作業の費用、メンテナンス・修繕の費用、採鉱費用を含めます。」とMBMAの経営陣は公式声明を通じて、述べた。

情報上、SCMは51%所有権を持っているMBMAが所有される子会社である。現在、21,100ヘクタールの採鉱権の全面積を持っているコナウェカブパテンのニッケル生産の鉱業事業許可を持っている。

IDNFinancialsのデータによると、MBMAは2023年4月18日にインドネシア証券取引所(IDX)に正式に上場され始めた。新規株式公開を通じて、1074.5億株を発行した後、IDR 8.75 trillionの新規資金を得た。 (NR/KR/ZH)