PRDA - PT. Prodia Widyahusada Tbk

Rp 2.890

-50 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Prodia Widyahusada Tbk (PRDA)はヘルスケアセクターの投資を促進し、将来的に投資機会を開く。

本日(2023年9月27日)のプロディアミートザプレスの間に、PT Prodia Widyahusada Tbk (PRDA)の金融担当重役、Liana Kuswandi氏によると、インドネシアのヘルスケアセクターの投資市場の潜在的は未だ計り知れないそうである。「ヘルスケアセクターの(設備投資)の平均成長は7%で、国内総生産の成長より高いです。」とLiana氏は述べた。

しかし、Liana氏が潜在的にも拘らず、ヘルスケアセクターの投資は様々なリスク要因の為、困難になるだろうと語った。そのリスクの幾つかは原料と医療機器の供給チェーンや医療従事者の質やインフレ比率の問題を含める。

「下流は重要です。」とLiana氏は付け加えた。「ヘルスケア業界は協力しなければなりません。この業界は一流の医者やいい病院を持っている場合、国内的に製造さっる原料や機器で支援されることによって、我々は大変助かります」。

輸入原料に頼る会社として、Prodiaは為替変動に対処する謀略を持っている。「我々は設定された価格で外国側との試薬購入契約の形で提携契約を通じて、対処しました。」とLiana氏は述べた。

一方、Liana氏がProdiaは専門医の研究に資金を提供し、新規検査開発の設備を提供し、医療従事者の教育水準を強化する為、科学雑誌を提供することによって医療従事者の質の改善をも促進すると付け加えた。

Prodiaは投資家を引き付ける為、現在、デジタル化の波に乗っており、「U by Prodia」を開発している。今年、最大限IDR 400 billionの設備投資を用意し、情報技術開発の為、その設備投資の50%を割当てた。2023年3月まで、そのアプリは117,000名のユーザーを記録した。

しかし、デジタルプラットフォームの雄勁な投資の為、Prodiaはマーケティング活動の為、2023年上期に低下した利益を記録した。収入は前年比、2.5%伸びても、純利益はIDR 148.77 billionを記録され、前年比、7%低下した。 (NR/ZH)