DMAS - PT. Puradelta Lestari Tbk

Rp 161

+1 (+0,63%)

【ジャカルタ】PT Puradelta Lestari Tbk (DMAS)は2023年第3四半期にIDR 1.8 trillionの今年のマーケティング販売目標の76.16%に等しく、IDR 1.37 trillionのマーケティング販売を記録した。

DMASの取締役、Tondy Suwanto氏がその販売の半分はデータセンターの工業地帯によるものだったと語った。「データセンターセクターは工業地帯の販売のお気に入りとして留まりました。」とSuwanto氏は2023年10月16日(月)に引用されたプレスリリースを通じて、述べた。

Suwanto氏によると、工業地帯の90ヘクタールの約30%〜35%はデータセンターの需要が貢献されたそうである。

DMASは2023年第3四半期に39.10ヘクタールの工業地帯を販売した。続いて、不動産・商業の販売が貢献された。「当社は不動産・商業地帯をも発達しております。」とSuwanto氏は付け加えた。

Suwanto氏によると、2024年頭に設立されるイオンモールデルタマスは商業セクターの魅力を増やすそうである。そのショッピングセンターは20ヘクタールの土地で建てられる。「それは公共スペースを、住民にとって生活や働きや遊び活動を対応する最善の商業地帯となるでしょう。」とSuwanto氏は述べた。

2022年第2四半期に、DMASはIDR 968.64 billionの収入を、IDR 666.68 billionの粗利益を、IDR 599.88 billionの純利益を記録した。 (NR/LK/ZH)