PANI - PT. Pantai Indah Kapuk Dua Tbk

Rp 5.125

-125 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Pantai Indah Kapuk Dua Tbk (PANI)は今年末にIDR 2.1 trillionの先行販売(マーケティング販売)目標が達成できると楽観的である。2023年第3四半期までIDR 1.7 trillionのマーケティング販売を記録した。

PT Pantai Indah Kapuk Dua Tbk (PANI)の取締役社長、Sugianto Kusuma氏が当社は中期と長期目標を達成する為、立てられた事業戦略を実行すると言質すると語った。「PANIは今年末まで100%の2023年のマーケティング販売を達成する為、励み続けます。」とKusuma氏は2023年10月17日(火)に引用された情報開示を通じて、述べた。

Kusuma氏によると、マーケティング販売成長は四半期比、比較的に安定だったそうである。PANIは2023年第3四半期にIDR 611 billionのマーケティング販売を記録した。

最大のマーケティング販売構成はスモールオフィス−ホームオフィス(SOHO)、ショップハウス、オフィスハウス、倉庫によるものであった。続いて、土地販売及び住宅販売によるものであった。

「私はPIK2で最適な市場を、顧客の信頼を失わず、持続可能な利益性を生成する為、素晴らしい改革を奨励し続けます。」とKusuma氏は述べた。

2023年上期に、PANIはIDR 1.24 trillionの収入を、IDR 639.08 billionの粗利益を、IDR 570.12 billionの営業利益を、IDR 211.06 billionの純利益を記録した。

一方、2022年上期に、PANIはIDR 174.37 billionの収入を、IDR 8.97 billionの粗利益を、IDR 1.56 billionの営業利益を、IDR 951 millionの純利益を記録した。 (NR/LK/LM)