ESSA - PT. ESSA Industries Indonesia Tbk

Rp 720

-10 (-3,43%)

【ジャカルタ】PT ESSA Industries Indonesia Tbk (ESSA)の業績は2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期に低下した。それは下がった価格及び2023年第1四半期にアンモニア工場の定期的停留が引き起こされた。

ESSAの会社秘書役、Shinta D.U. Siringoringo氏が2023年第3四半期に、当社の収入は58%、利益は91%低下したと語った。「収入はUSD 557 millionの2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期にUSD 233 millionに低下しました。そして、純利益はUSD 105 millionの2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期にUSD 10 millionに減少しました。」とShinta氏は2023年10月18日(水)に引用された情報開示を通じて、述べた。

Shinta氏によると、アンモニアの価格実現は2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期に58%低下し、平均のメトリックトン(MT)当たりUSD 378となったそうである。その低下は昨年、上がった価格が原因であった。

「アンモニアの世界的価格は2023年5月に最低点に及び、堅固な上昇傾向に続きます。」とShinta氏は述べた。

なお、Shinta氏がアンモニアは2023年9月以降、通常価格で売買され始めたと語った。世界的に、東アジアと中国の商品需要が増える最中に貯蔵品が未だ厳しい。

Shinta氏によると、アンモニア価格は不確実な世界問題が増える為、2023年第3四半期に高く留まるそうである。 (NR/LK/ZH)