INKP - PT. Indah Kiat Pulp & Paper Tbk

Rp 9.650

+75 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Indah Kiat Pulp & Paper Tbk (INKP)は2025年に年毎に390万トンの容積を持っているカラワン工場を運営する予定である。現在、その集合工場の建設進歩は約30%に及ぶ。

PT Indah Kiat Pulp & Paper Tbk (INKP)の取締役副社長、Suhendra Wiriadinata氏が当社は西ジャワ州、カラワンの新工場建設を展開していると語った。「この工場の建設はもう一年進んでおります。」とSuhendra氏は2023年10月26日(木)にジャカルタの単独会見の間にIDNFinancialsに述べた。

Suhendra氏が当社は4軒の紙製造工場を運営すると語った。現在、INKPはタンゲランのスルポン、リアウ州のペラワン、バンテン州のセランにおける3軒の工場を持っている。

Suhendra氏によると、西ジャワ州のカラワンのパルプ・紙工場は400ヘクタールの土地で建てられるそうである。この工場の投資全額は約IDR 54 trillionに及び、その資金源は内部資金や債券発行の収益や銀行ローンによるものである。「この工場の生産能力は300万トンの白紙及び900,000トンの産業用紙(茶色の紙)を含みます。」とSuhendra氏は説明した。

Suhendra氏が産業用紙の需要と生産は将来的に増し続けると語った。したがって、INKPはその二つ種類の紙の成長を増やす事に注力している。「カラワン紙工場は2025年末に運営し始められるよう、期待されます。」とSuhendra氏は付け加えた。

同紙工場は2026年に報告されるINKPの収入に貢献する。80%の利用率又は390万トンの全設置容量の300万トンの容積を持っているカラワン工場は約USD 2.5 billion〜USD 3 billionを全収入に貢献する。

INKPの収入は2022年にUSD 4 billionを記録され、USD 3.51 billionの2021年に比べ、増加したと知られる。親会社に帰属する純利益は2022年にUSD 857.5 millionを記録され、USD 526.4 millionの2021年に比べ、増加した。 (NR/LK/ZH)