KLBF - PT. Kalbe Farma Tbk

Rp 1.480

+30 (+2,00%)

【ジャカルタ】2023年第3四半期に、PT Kalbe Farma Tbk (KLBF)の収益は前年比、6.5%伸びても、純利益は前年比、16.9%地下した。その低下はCOVID-19)パンデミックの後の過渡期が原因であった。

2023年11月22日(水)に引用されたプレスリリースにおいて、PT Kalbe Farma Tbk (KLBF)の最高財務責任者、Kartika Setiabudy氏が収益は2023年第3四半期にIDR 22.56 trillionを記録され、IDR 21.18 trillionの2022年第3四半期に比べ、増加したと語った。粗利益はIDR 8.73 trillionの2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期にIDR 8.90 trillionにも増加した。

「困難な市況に直面したにも拘らず、当社は保健意識が増えるにつれ、保健医療業界は長期的に向上し続けると考えます。」とKartika氏は述べた。

2023年第3四半期に、収益の主要な貢献者はIDR 8 trillionの収益を貢献した配布・物流セグメントであった。栄養セグメントの収益はIDR 5.89 trillionを、処方薬セグメントの収益はIDR 5.79 trillionを、医療保険商品セグメントの収益はIDR 2.86 trillionを記録された。一方、2022年第3四半期に、配布・物流セグメントの収益はIDR 7.57 trillionを、栄養セグメントの収益はIDR 5.75 trillionを、処方薬セグメントの収益はIDR 4.40 trillionを、医療保険商品セグメントの収益はIDR 3.26 trillionを記録された。

Kartika氏が当社は収益成長予想を5%から7%に修正した一方で、純利益は今年末に12%〜15%に低下すると予想されると語った。「当社は商品補給を維持し、価格とポートフォリオの調整を通じて、上がる原料価格の影響を最小限に抑えるとコミットします。」とKartika氏は述べた。 (NR/LK/ZH)