RAAM - PT. Tripar Multivision Tbk

Rp 458

-20 (-4,18%)

【ジャカルタ】Multivision Plusとして広く知られる映画制作会社、PT Tripar Multivision Plus Tbk (RAAM)は新規株式公開の収益使途を変更する為、株主の承認を得た。

数日、開催された総会で株主はその他事業の投資として新規株式公開の収益の一部を使途するRAAMの計画に合意した。「それは当社の事業展開を支援する為です。」とRAAMの経営陣は公式開示を通じて、述べた。

それに、RAAMはPlatinum Cineplexと言う新しい映画館の建設と運営を含め、初計画通り、新規株式公開の収益を割当てる。この新しい映画館の建設は子会社、PT Platinum Sinemaを通じて、行われる。

しかし、RAAMの経営陣がこのPlatinum Cineplexの場所はより潜在的代替がある為、変更されると認めた。「事業のダイナミックと潜在的に注意を払うことによって、当社はそれらの市名を直接に述べないよう、提案します。」とRAAMの経営陣は説明した。

情報上、Platinum Cineplexの新しい映画館の建設はジャワ島、カリマンタン島、スマトラ島、スラウェシ島に注力される。 (NR/KR/ZH)