WEGE - PT. Wijaya Karya Bangunan Gedung Tbk

Rp 82

-1 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Wijaya Karya Gedung Gedung Tbk (WEGE)は2023年10月まで、IDR 3.32 trillionの新規契約を記録した。

WEGEの取締役社長、Hadian Pramudita氏がこれまで、当社の新規契約は全契約の84.67%を貢献した政府プロジェクトが支配されていると語った。そして、国有企業のプロジェクトは5.07%に、民間部門のプロジェクトは10.26%に及んだ。

「新規契約は12.38%のオフィス、25.69%の公共施設、2.25%の商業、56.96%の住宅を含みます。」とHadian氏は2023年11月29日(水)に公開発表を通じて、述べた。

一方、WEGEの会社秘書役、Purba Yudha氏が当社は将来、不動産と建設産業に圧力をかけると予想される政治的年に直面する為、内部整理統合を行うと語った。「2024年目標に関する当社のガイドラインは準備されており、我々は直にそれを発行します。」とYudha氏は述べた。

それに、Yudha氏がWEGEは契約主催者のプロフィールを考慮し、プロジェクト入札に参加する事においてより選択的になると付け加えた。「現時点で、我々はプロジェクト品質が良く、リスクはかなり測定可能にされるように、所有者の金銭的な能力を求めております。」とYudha氏は述べた。(NR/KR/LM)