SIDO - PT. Industri Jamu dan Farmasi Sido Muncul Tbk

Rp 625

+10 (+2,00%)

【ジャカルタ】漢方薬製薬会社としてPT Industri Jamu dan Farmasi Sido Muncul Tbk (SIDO)の言質は2023年12月1日(金)にバリ島、ソフィテル・ヌサドゥア・ビーチ・リゾートホテルで行われた2023年トップCEOインドネシアイベントでTEMPO-IDNFinancialsからハーブ医薬のザベストCEO賞を受賞されることによって証明された。

「この賞は皆の利害関係者や特に、投資家に私はSido Munculを誘導するのに全力を尽くし続けると証明します。無論、この実績はSido Munculの皆の取締役やコミサリス役会や従業員の最善支援のお蔭でもあります。」とPT Industri Jamu dan Farmasi Sido Muncul Tbk (SIDO)の取締役社長、David Hidayat氏はハーブ医薬のザベストCEO賞を受賞した後、述べた。

David氏はその賞を受賞した事に謝意を表した。David氏が破格で名誉あるものだと思われるその賞はこれから先、維持されるよう、願う。

2023年トップCEOインドネシアは漢方薬様相において会社を成功に誘導する実績に対して株式会社の最高経営責任者向けの名誉ある賞である。この鑑賞は財務報告書や会社持続可能性や最高経営責任者との直接と仮想の会見を含め、データ収集と研究の数の段階を通じて、授賞された。

SIDOは「Tolak Angin」と「Kuku Bima Energi」を含め、国民が体の免疫性を維持できると信じられる漢方薬生産を増やす戦略を実行することによってCOVID-19パンデミックを成功に乗り切った後、ハーブ医薬のザベストCEO賞を受賞した。

David氏はCOVID-19パンデミック危機の前、2年間、2018年にSido Munculの最高経営責任者として任じられた際、大きな責任を背負わせた。2013年〜2018年、運営担当重役として務めたDavid氏はパンデミック危機の間に高い需要の最中にSido Munculの運営を支援する為、必要とされる知識や技能を提供した。

パンデミックの間に、他社は2020年に非常に大幅な損失を記録した際、SIDOは売上高を2019年のIDR 2.76 trillionから2020年にIDR 3.067 trillionに増やした事に驚くことではない。2022年に、その売上高はSIDOの歴史的に最高記録であったIDR 4.02 trillionに増加し続けた。一方、SIDOは2021年にIDR 1.2 trillionに及んだ最高の当期利益を記録した。

2021年に記録された最高の売上高はIDR 1.27 trillionに及び、IDR 807.69 billionの2019年に比べ、最高の当期利益であり、2020年にそれはIDR 929.76 billionに増加した。しかし、2022年に、当期利益はIDR 1.12 trillionに僅かに減少した。一方、2023年第3四半期に、SIDOはIDR 2.36 trillionの売上高を、IDR 586.57 billionの当期利益を記録した。 (NR/AM/LM)