KLBF - PT. Kalbe Farma Tbk

Rp 1.460

-10 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Kalbe Farma Tbk (KLBF)の最高経営責任者、Vidjongtius氏は2023年12月1日(金)にバリ島の2023年トップCEOイベントで製薬のザベストCEOとして賞を受賞した。会社を世界的危機に直面させることができたCOVID-19パンデミックに迅速に対応した為、その名誉ある賞を受賞した。 

Vidjongtius氏は1990年以降、Kalbe Farmaグループの高い経歴の後、2017年にKalbe Farmaの最高経営責任者として勤め始めた。証明された経験を持つ彼はインドネシアの製薬産業の状況を理解でき、COVID-19パンデミックの際に、測定可能な事業戦略を通じて、Kalbe Farmaを生き残らせ、成長させる為、技量を生かした。

「当時の戦略は供給チェーンを加速する戦略で、COVID問題を素早く解決するのに役に立てる製品又は医薬を求める改革戦略を合わせました。」とVidjongtius氏はこの間、2023年トップCEO賞ノミネーションに関して単独会見を通じて、IDNFinancialsに述べた。

将来的に同様な危機の可能性に関して、Vidjongtius氏はインドネシアの医薬の輸入原料の依存問題を洞察するのが鋭いようである。「現在、最も実現可能な段階は国内生産設備を準備する第2段階に入る前、生産国から供給提携を広げる事です。」とVidjongtius氏はさらに説明した。

Vidjongtius氏がKalbe Farmaは2018年に生物製品に基付き、医薬を生産し始めたとも語った。「次の5、10年間以内に、我々は将来的に製品や材料輸入の依存を減らし、新施設を建てる計画を既に持っております。」とVidjongtius氏は付け加えた。

Vidjongtius氏は次の5、10年間以内に、Kalbe Farmaの医薬の輸入品水準を現在の90%から75%〜80%に削減することができるのを目指す。

それだけではなく、Vidjongtius氏のリーダーシップの下で、Kalbe Farmaは製薬産業と保健医療業界通り環境・社会的・ガバナンス(ESG)慣行をも実行し始めた。BPJS Kesehatanの顧客向けの最大製薬会社の一つでもある。

業績以外、Kalbe Farmaは過去5年間以内に2021年の最高記録であった財務業績成長をも一貫して記録した。2022年末に、上昇傾向を記録し続け、売上高はIDR 28.9 trillionを、純利益はIDR 3.45 trillionを記録された。Kalbe Farmaの戦略と実績のお蔭で、Vidjongtius氏はTempo-IDNFinancialsにより製薬のザベストCEOとして賞を受賞するに値する。

2023年トップCEO賞は2023年6月にインデックス52の成功の立ち上げの続き、Tempo.coとIDNFinancials間の二度目の提携である。その賞は環境・社会的・ガバナンス(ESG)慣行に対する言質を忘れず、会社に危機を成功に乗り切らせたと見なされた43名のインドネシア証券取引所(IDX)の発行者の最高経営責任者に授賞された。 (NR/ZH/LM)