BBKP - PT. Bank KB Bukopin Tbk

Rp 63

0 (0%)

【ジャカルタ】現在、韓国のKB Financialグループが所有される私営銀行、PT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)は卸売セグメントと韓国事業生態系が支援され、2024年に15%伸びる新規ローン流通を目指す。

BBKPの金融担当重役、Shin Seng Hyup氏が2023年第3四半期末まで、BBKPはIDR 43.96 trillionのローンを流通したと語った。「一般的に、ローン流通は2023年第3四半期末に前年比、13.6%伸びました。」とShin氏は述べた。

流通されたそのローン全額のほぼ半分、46.6%又はIDR 20.48 trillionは卸売セグメントが支配された。「このセグメントは前年比、12.9%伸びました。」とShin氏は韓国語で付け加えた。

2023年12月22日(金)にBank KB Bukopinの2023年次公開暴露の間に取締役会の説明によると、BBKPは2021年に韓国のKB Kookmin Bankが取得された後、事業変換の最終段階に辿り着くそうである。

「2021年以降、流通されたローンの中で、不良債権は今、0.50%です。」とShin氏は述べた。

BBKPが実行された幾つかの戦略は2022年〜2023年、行なわれたまとめ売りを通じて、不良債権を減らす事である。

「当社の回復結果はIDR 10 trillionに及びます。リスクローン比率は前年比、23%を低下し、43.96%となりました。」とShin氏は述べ続けた。

そして、BBKPは2024年に10%伸びる第三者資金を目指す。「我々は来年、1.5%に及ぶ資金利鞘をも目指します。こうして、PPOPは上昇傾向に変わります。」とBBKPの取締役副社長、Robby Mondong氏は述べた。

将来的に、BBKPは卸売セグメントとKB Financial下の韓国リンク事業生態系に、ミクロ中小企業と小売にも頼ると報告される。 (NR/ZH)