BBCA - PT. Bank Central Asia Tbk

Rp 9.600

-75 (-0,78%)

【ジャカルタ】PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)の純収益は前年比、一貫して増え続けたにも拘らず、利益は2022年に比べ、2023年に低迷した。2020年以降、過去3年間以内に、2022年の利益は2023年と2021年に比べ、最高であった。

2024年1月26日(金)にIDNFinancialsにより引用されたデータによれば、BCAの利益はIDR 40.75 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 48.65 trillion、前年比、19.39%伸びた。利益はIDR 31.44 trillionの2021年に比べ、2022年に前年比、26.62%伸びた一方で、それはIDR 27.14 trillionの2020年に比べ、2021年に前年比、15.81%伸びた。

下がった利益は増えた運営費が原因の一つであった。2023年に、運営費はIDR 37.50 trillionを記録され、IDR 32.48 trillionの2022年に比べ、IDR 5 trillion又は15.45%伸びた。

運営費はIDR 30.30 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 2 trillionのみ又は7.17%伸びた。そして、それはIDR 29.96 trillionの2020年に比べ、2021年にIDR 1.2 trillion又は1.1%伸びた。

一方、収益はIDR 63.98 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 75.12 trillion、17.40%伸びた。そして、それはIDR 56.13 trillionの2021年に比べ、前年比、13.90%伸びた一方で、それはIDR 54.16 trillionの2020年に比べ、2021年に前年比、3.64%伸びた。 (NR/LK/ZH)