HRUM - PT. Harum Energy Tbk

Rp 1.330

-35 (-3,00%)

【ジャカルタ】コングロマリット、Kiki Barki氏が所有される採炭会社、PT Harum Energy Tbk (HRUM)はニッケル加工・精錬所、PT Westrong Metal Industry (WMI)の株式を取得した。

HRUMの取締役社長、Ray A. Gunara氏がWMIの取得はPT Harum Nickel Industry (HNI)と言う子会社の一つを通じて、行なわれたと語った。取得されたWMIの株数は全株の60.7%株を代表し、1,214,000株に及んだ。

それらの全株はPrime Investment Capital Limited (PICL)とWalsin Singapore Pte. Ltd (WS)からWMIにより引取られる。取引額はUSD 215.22 millionに及ぶ。

情報上、WMIは現在、北マルク、インドネシアウェダバイ工業地帯でニッケル精錬所を運営している。精錬所はロータリーキルン電気炉の4ラインや支援インフラや変換設備を含む。取得されたその精錬所の年間生産能力は約56000トンのニッケルに及ぶ。

「現在、WMIのプロジェクトは建設の最終段階です。そして、2024年第2四半期に商業運営を開始できるよう、準備されております。」とGunara氏は公式情報を通じて、述べた。

2022年4月にHNIはWMIの20%株をも取得した。したがって、WNIを通じて、HRUMが支配されるHNIの株式は80.7%に伸びる。そして、HNIの残り19.3%株はPICLにより所有される。

「その取引はニッケル部門の投資を通じて、事業多様化を強化し続ける為、当社の努力の一部です。」とGunara氏は付け加えた。 (NR/KR/ZH)