AGRS - PT. Bank IBK Indonesia Tbk

Rp 60

-1 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Bank Agris TbkとPT Bank Mitraniaga Tbkにより設立された合弁会社、PT Bank IBK Indonesia Tbk (AGRS)は2023年末にIDR 187 billionの純利益を記録した。この数字はIDR 103 billionの2022年に比べ、前年比、80%伸びた。

この上昇は2023年にIDR 9.4 trillion、前年比、16.5%伸びた未払いろおんが支援された。

殆どのローン流通はIDR7.87 trillionを流通した企業向けローン、IDR 1.48 trillionを流通した中小企業向けローン、IDR 36 billionを流通した消費者向けローンであった。

2024年2月13日(火)にBank IBK Indonesiaの公開暴露によれば、企業向けローンは前年比、19.3%急上昇した。

Industrial Bank of Korea (IBK)グループの傘下にある銀行としてAGRSの経営陣が企業向けローン流通はインドネシアで運営されている韓国会社のみに集中されないと認める。

「我々は韓国企業とインドネシア企業を区別しません。当社の焦点はインドネシア企業にローンを流通する割前をも増やしていきます。」とPT Bank IBK Indonesia Tbk (AGRS)の取締役社長、Oh In Taek氏は述べた。

一方、企業セグメントの強力通り、PT Bank IBK Indonesia Tbk (AGRS)はオフィス従業員対象市場の取得を通じて、消費者向けローンをも増やしていく。

「我々は当社の商品を使用できる為、ある会社の従業員顧客を増やしていきます。」とOh氏は述べ続けた。

ローン流通目標に関して、AGRSは2024年末まで、IDR 3 trillion、前年比、約34%伸びるローン流通を目指している。長期的に、2025年末にIDR 17 trillionに増すローン流通を、2030年末にIDR 40 trillionに増すローン流通をも目指している。

それにつれ、AGRSは2025年にIDR 400 billionに増える純利益を、2030年にIDR 1 trillionに増す純利益をも目指している。

「我々は特に、増えるDIMと利子所得、当社の利益が増えるように、ローン流通を展開する為、使途される大変強力な資本を持っております。」とOh氏は説明した。

AGRSの自己資本比率は実に非常に大きい。2022年末まで、それは約46%に及んだ。 (NR/ZH/LM)