KOKA - PT. Koka Indonesia Tbk

Rp 74

+1 (+1,37%)

【ジャカルタ】2024年2月13日(火)に、外国投資家、First Fortuna Holdings Pte.は合板会社、PT Wijaya Cahaya Timber Tbk (FWCT)の約4億5225万株を購入した後、FWCTの24.12%株を所有している新株主となった。この取引はPT BCA Sekuritasを通じて、行なわれた。

なお、PT Elang Mahkota Teknologi Tbkは私立病院を経営する会社、PT Sarana Meditama Metropolitan Tbk (SAME)の5232万株を購入した後、現在、SAMEの78.21%株を所有している。PT Bogamulia Nagadiは製薬会社、PT Tempo Scan Pacific Tbk (TSPC)の195万株を、PT Arthakencana Rayatamaは燃料卸業者会社、PT AKR Corporindo Tbk (AKRA)の209万株を購入した。そして、個人投資家、Fathi氏は土建屋、PT Koka Indonesia Tbk (KOKA)の約244万株を購入した。

一方、PT Honoris Corporindo Pratamaは不動産開発者、PT Modernland Realty Tbk (MDLN)の4700万株を売却した。今回、複数の外国投資家は株式をも売却した。GOTO Peopleverse Fundは技術会社、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の3311万株を、Resources Fortune Ltd.はパーム油生産者、PT Nusantara Sawit Sejahtera Tbk (NSSS)の195万株を売却した。そして。DB Spore SES CLT A/C for NTAsian Discovery Master Fundは金融会社、PT BFI Finance Indonesia Tbk (BFIN)の500万株を売却した。最後に、BBH Luxembourg S/A Fidelity Fundsはインドネシアの日本のTOTOのバスルーム製品メーカーの独占販売業者、PT Surya Pertiwi Tbk (SPTO)の520,300株を売却した。 (NR/KD)

 

IDNFinancialsを通じて、マーケットヒントに関する最新情報をご覧下さい!