ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 4.900

-200 (-3,92%)

【ジャカルタ】インドネシア政府は政府が担われる付加価値税(PPN DTP)に関する大蔵省規制「8/2024」号通り、電気自動車のインセンティブを与える。

その規制は最低40%の国内成分水準(TKDN)を持つ電気自動車に適用される。一方、電気バスの国内成分水準(TKDN)は40%と20%です。

適用される政府が担われる付加価値税(PPN DTP)は通常料金の10%である11%である。しかし、最低20%の国内成分水準(TKDN)を持つ電気バスは5%のみの政府が担われる付加価値税(PPN DTP)を貰う。

Kiwoom Sekuritasの株式研究所長、Sukarno Alatas氏がインセンティブはPT Astra International Tbk (ASII)に好影響を与えると語った。IDNFinancialsのデータによると、ASIIは国内市場で車販売の市場占有率を支配している。 

「インセンティブはハイブリッドカーの国民の購買力を強化できます。斯くて、ASIIのハイブリッドカーの売上が増えると予想されます。」とAlatas氏は昨日2024年2月22日にBisnisから引用されたように、述べた。

Alatas氏が2023年にASIIの車売上は前年比、25.16%低下したと認めた。しかし、基本的に、Alatas氏が現在、ASIIの株価は購入する為、手頃価格だと見なされると語った。「今年の見通しは総選挙が終わり、ハイブリッドと電気自動車用インセンティブの為、かなりよいです。よって、ASIIの業績が増えると予測されます。」とAlatas氏は述べた。 (NR/KR/ZH)