BWPT - PT. Eagle High Plantations Tbk

Rp 53

-1 (-1,85%)

【ジャカルタ】2023年中、PT Eagle High Plantations Tbk (BWPT)の収益が低下したにも拘らず、純利益は2022年に比べ、2023年に912.84%伸びた純利益を記録した。営業利益はIDR 661.10 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 703.46 billion、6.40%伸びた。

本日3月4日に引用された2023年財務報告書において、BWPTはIDR 177.02 billionの親会社に帰属する当期純利益を記録し、IDR 17.47 billionの2022年に比べ、増加した。増えた利益は減った販売費と外国為替差益が引き起こされた。

収益は2023年にIDR 4.20 trillionを記録され、IDR 4.57 trillionの2022年に比べ、前年比、9.08%低下した。粗利益は2023年にIDR 1.05 trillionを記録され、IDR 1.03 trillionの2022年に比べ、増加した。斯くて、粗利益率は22.54%の2022年に比べ、2023年に前年比、25.14%伸びた。

収益の主要な貢献者はIDR 3.99 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 3.81 trillionに低下したパーム油製品の売上であった。パーム核売上高はIDR 446.51 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 322.80 billionに低下した。フレッシュフルーツバンチズはIDR 133.57 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 70.29 billionにも低下した。

収益に10%以上を貢献した顧客はIDR 1.66 trillionを貢献したPT Sinar Mas Agro Resources and Technology Tbk (SMART)とPT Sari Dumai Sejati (SDS)であった。2022年に、SMARTはIDR 1.83 trillionをBWPTの収益に貢献した一方で、SDSはIDR 1.50 trillionをBWPTの収益に貢献した。 (NR/LK/ZH)