BBYB - PT. Bank Neo Commerce Tbk

Rp 278

+46 (+20,00%)

【ジャカルタ】100%伸びた収益を記録したにも拘らず、PT Bank Neo Commerce Tbk (BBYB)は2023年12月末に純利益を記録し損なった結果、IDR 573 billionの損失を記録した羽目になった。

しかし、純損失はIDR 789.06 billionの2022年に比べ、2023年に前年比、27.36%伸びた。

それは2022年に比べ、2023年12月に増加した純利子所得が引き起こされた。2023年に、純利子所得はIDR 2.9 trillionを記録され、IDR 1.45 trillionの2022年に比べ、前年比、100.36%伸びた。

ローン流通はIDR 10.24 trillionの2022年に比べ、2023年12月末にIDR 10.78 trillion、前年比、5.26%微増した。

IDR 8.2 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 8.81 trillionに増加した消費ローンはローン流通の最大の貢献者であった。そして、運転資本ローンは2023年にIDR 1.73 trillionを記録され、IDR 1.96 trillionの2022年に比べ、低下した。

有難い事に、ローン品質は2023年末に向上した。総不良債権は2.56%の2022年に比べ、2023年に3.73%に伸びた一方で、純不良債権は2.05%の2022年に比べ、2023年に0.95%に大幅に低下した。

以前、IDNFinancialsが報告されたように、Bank Neo Commerceは2024年に迅速なローン流通成長を通じて、利益を記録すると楽観的である。

「当社のローン流通記録の多様化が支援され、2024年に20%〜25%伸びるローン流通を目指します。」とBBYBの取締役社長、Aditya Wahyu Windarwo氏は2023年12月に公開暴露で述べた。 (NR/ZH)