ENRG - PT. Energi Mega Persada Tbk

Rp 190

-2 (-1,04%)

【ジャカルタ】Bakrieグループが所有される石油ガス会社、PT Energi Mega Persada Tbk (ENRG)はリアウにおける生産を生み出している2アクティブ石油資産の取得を完了した。

ENRGの取締役社長、Syailendra S. Bakrie氏がこの取得は元々、PT Pertamina Hulu Energi Siakにより支配されたシアクブロックの利害参加と運営参加の90%を持つPT EMP Energi Gandewaを通じて、行なわれると語った。シアクブロックの利害参加と運営参加の残り10%はPT Riau Petroleum Siakにより所有される。

そして、カンパーブロックの取得はPT EMP Energi Riauにより行なわれる。カンパーブロックの利害参加と運営参加の90%はEMP Energi Riauにより、その残り10%はPT Riau Petroleum Kamparにより所有される。

Bakrie氏がシアクブロックとカンパーブロックは当社の他の資産と隣接されると考慮し、その取得はENRGのビジネス開発戦略通りだと語った。「我々はこの取得はこれらの資産間の相乗効果を最適化できるように、願っております。」とBakrie氏は述べた。

情報上、シアクブロックとカンパーブロックは現在、商業的な生産段階にある。したがって、この二つブロックの業績は今年、当社の生産と財務業績に好影響を与えられるように、期待される。 (NR/KR/ZH)