PCAR - PT. Prima Cakrawala Abadi Tbk

Rp 280

+2 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Prima Cakrawala Abadi Tbk (PCAR)はRp 178.6 billion、415.24トンの2018年の販売量に比べ、2019年、Rp 66 billion、200.75トンに低下した販売量を記録した。

PT Prima Cakrawala Abadi Tbk (PCAR)の取締役社長、Raditya Wardhana氏がその下がった販売量はマカッサルの工場営業が原因であったと語った。 「その減少は経営陣の予測通りです。それが我々は2019年、マカッサルの工場の単独生産に注力を設定しました。一方、2018年、その生産はスマランやインドラマユやマカッサルにおける工場で行われておりました。」とRaditya氏は述べた。

2018年、その販売量はより高かった。なぜなら、その生産は中部ジャワのスマランや西ジャワのインドラマユなど幾つかの工場で行われていた。2019年7月〜11月、その生産量は長い乾季の為、減少した。したがって、その工場の利用目標は達成しにくい。

2019年、米国への小さなカニ類商品の販売量は199.97トンに達し、414.78トンの2018年に比べ、低下した。アラブ首長国連邦への販売量は836,000キロであった。インドネシアの販売量は161,000キロであった。国内市場における、その下がった売上はカニ類加工食品に対する興味不足の為、発生した。 (NR/LK/W)