PCAR - PT. Prima Cakrawala Abadi Tbk

Rp 248

-2 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Prima Cakrawala Abadi Tbk (PCAR)は2020年、Rp. 5.8 billionの設備投資を持っている。その資金源は2019年12月21日に行われた一部株式公開の利益によるものであった。その設備投資は工場の機械の為、使途される。

PT Prima Cakrawala Abadi Tbk (PCAR)の金融担当重役、Titi Indah Susilowati氏が殆ど、使途されていないその株式公開の利益は約Rp 5.8 billionの投資の目的にするつもりであり、それが機械修理や工場要求事項であったと語った。 

2019年12月まで、その株式公開の利益による投資資金源はRp 3.84 billionであった。そして、それはNuansa Cipta Magelloへの投資の為、使途される。一方、投資された運転資本はRp 57.80 billionである。

更に、下がった販売量は減っている西ジャワのインドラマユや中部ジャワのスマランにおける営業工場数に関連している。当社はマカッサルにおける一軒の工場のみを運営する。今年、製品をイカや魚類加工など他の魚類に多様化することにした。「現在、許可を得る過程中であるイカや他の魚類など他の水産加工品への多様化があります。」とTiti氏は述べた。 (NR/LK/W)