TPMA - PT. Trans Power Marine Tbk

Rp 710

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Trans Power Marine Tbk (TPMA)の支配株主、PT Patin Resourcesは近時、TPMAの11.39%株を取得した後、TPMAにおける所有権を増やした。斯くて、現在、TPMAの全株の69.73%株を所有している。

昨日(2023年1月31日)、インドネシア証券取引所(IDX)における情報開示によれば、Patin Resourcesは一株当たりIDR 450でTPMAの全株の約11.39%又は3億株を購入した後、TPMAにおける所有権を増やした。TPMAの会社秘書役、Rudy Sutiono氏がPatin Resourcesはその取引を通じて、IDR 135 billionを費やしたと情報開示を通じて、語った。

Rudy氏がこの購入はTPMAにおけるPatin Resourcesの投資を強化する目的があると語った。Patin ResourcesはPT Dwitunggal Perkasa Mandiriを通じて、TPMAを直接的で間接的に所有している。「TPMAは健全な財政状態や低いファイナンシャルレバレッジを持っております。したがって、当社は競争相手と張り合えるように、将来的に事業を発展する為、無論、支配株主の支援を必要とします。」とRudy氏は述べた。

2022年9月現在、TPMAの現金及び現金同等物はUSD 10.1 millionの2021年12月に比べ、USD 12.3 millionに上昇した。一方、2022年9月現在、銀行の長期債務はUSD 10 millionの2021年12月に比べ、USD 6.4 millionに低下した。純利益は2022年9月にUSD 9.6 millionを記録され、USD 3.4 millionの2021年12月に比べ、前年比、180%も伸びた。 (NR/AM/ZH)