DMAS - PT. Puradelta Lestari Tbk

Rp 163

+1 (+0,61%)

【ジャカルタ】デルタマス総合都会の開発業者、PT Puradelta Lestari Tbk (DMAS)は工業地帯の需要は今年の頭にかなり高いと認める。

DMASの取締役、Tondy Suwanto氏によると、その90ヘクタールの工業地帯の需要は交渉中だそうである。「データセンターの需要は未だ最高です。」とTondy氏は公式声明を通じて、述べた。

Suwanto氏がデータセンターに関する増えた工業地帯の需要は迅速に増えるインドネシアのデジタルライフスタイルが左右されると語った。「我々は2023年にデータセンター業界の土地販売に関する機会があると分かります。」とSuwanto氏は述べた。

今年、増える需要によって、DMASはIDR 1.8 trillionのマーケティング販売を目指している。その目標はIDR 1.86 trillionに及んだ2022年のマーケティング販売実現より僅かに低下する。

その上、当社は自動車・その副産物産業用工業地帯のマーケティング販売を最大限する。「自動車・その副産物産業を含め、別のセクターの工業地帯の需要は再び、出て始めます。」とSuwanto氏は説明した。 (NR/KR/ZH)