BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 75

-1 (-1,00%)

【ジャカルタ】2022年中、インドネシア証券取引所(IDX)の最高の株式の取引高は採炭会社の株式が支配された。それは2022年10月にトン当たりUSD 330.97に及び、2022年中、増えた石炭価格に関連している。

本日(2023年3月6日)、IDNFinancialsが収集されたインドネシア証券取引所(IDX)のデータによれば、2022年に最高の取引高を持っているトップ10の中に4社の採炭会社がある。その4社はPT Bumi Resources Tbk (BUMI)、PT Bumi Resources Minerals Tbk (BRMS)、PT Kapuas Prima Coal Tbk (ZINC)、PT Darma Henwa Tbk (DEWA)である。

一方、その中に別の6社はオンライン運輸、道路インフラ、通信、病院、投資、電子商取引を含め、異なるセクターに従事される会社である。

BUMIは5.88兆の全取引高の11.29%又は6643.7億株の取引高を記録した。2022年中、246日間以内に、その取引額はIDR 87.32 trillionを、取引頻度は502万倍を記録された。

BRMSの取引高は1867.9億株を記録され、全取引高の3.17%に等しかった。2022年中、246日間以内に、その取引額はIDR 35.22 trillionを、取引頻度は269万倍を記録された。

ZINCは全取引高の2.55%又は1498.2億株の取引高を記録した。2022年中、246日間以内に、その取引額はIDR 12.51 trillionを、取引頻度は636,225倍を記録された。

最後に、DEWAの取引高は914.3億株を記録され、全取引高の1.55%に等しかった。2022年中、246日間以内に、その取引額はIDR 6.16 trillionを、取引頻度は106万倍を記録された。 (NR/LK/ZH)