PRDA - PT. Prodia Widyahusada Tbk

Rp 4.800

+90 (+1,91%)

【ジャカルタ】PT Prodia Widyahusada Tbk (PRDA)はその子会社、PT Prodia Digital Indonesia (PRDI)を通じて、デジタルヘルスケア生態系の開設を更なる発展する為、「U by Prodia」を打上げたばかりである。

そのモバイルアプリは個別医療推奨に過程される結果を持っている5慢性病リスク要因の診断と言う最前のフィーチャーであるヘルススコア、幾つかの機能を含む。個別医療は数年前以降、Prodiaが促進されているコンセプトであり、それはゲノム/遺伝子検査が更なる支援される。

Prodia Digital Indonesiaの取締役、Rudi Cahyadi氏によると、将来的に、PRDIはユーザーの為、より様々でより個人的なヘルスケア推奨やサービスを提供する為、栄養や医薬など別の健康様相と組み合わせられるゲノム/遺伝子検査を持ているU by Prodiaのフィーチャーをも完了するそうである。

U by Prodiaは国内人口向けの正確な参照として使用されるインドネシアの異なる国系から収集されたユーザーの塊状でユニークなデータベースによって強化される。「さらに、当社の利点はこのアプリを通じて、提供される豊富な検査種類を持っている臨床検査にあります。」とPRDAの取締役社長、Dewi Muliaty氏は2023年3月7日(火)にジャカルタ、メンテンにおけるU by Prodia打上げの記者会見の間に述べた。

Muliaty氏がインドネシアの様々な地域にProdiaのデジタルサービスの社会化を拡大する事において課題となると認めた。「我々はこのアプリのマーケティングや利用においてより積極的になる必要があります。」とMuliaty氏は付け加えた。

将来的に、Prodiaはビジネストゥビジネスサービスとして知られる為、ProdiaとPRDIはビジネストゥビジネスセグメントに拡大するU by Prodiaの可能性を制限しない。(NR/ZH)