PNGO - PT. Pinago Utama Tbk

Rp 1.480

+10 (+1,00%)

【ジャカルタ】南スマトラを拠点とする農園会社、PT Pinago Utama Tbk (PNGO)はIDR 46.88 billion又は一株当たりIDR 60の現金配当を流通する計画を発表する。

その計画は数日前に開催された定時株主総会の結果通りである。その総会で、株主は現金配当として2022年の純利益の27%を割当てる事に合意した。

IDNFinancialsのデータによると、2022会計年度に、PNGOはIDR 173.13 billionの純利益を記録した。そして、IDR 605.04 billionの留保利益を、IDR 708.55 billionの純資産合計を記録した。

その現金配当は2023年6月7日に正式に記録された株主に流通される。その現金配当支払いは2023年6月15日に行われる。

現在、PNGOの24.88%株は大衆投資家が、その22.76%株はWilson Sutantio氏が、その19.48%株はHasan Tantri氏が、その17.61%株はCharles Sutantio氏が、その15.27%株はPeter Unggul Sutantio氏が所有される。 (NR/KR/ZH)