BYAN - PT. Bayan Resources Tbk

Rp 17.950

+25 (+0,14%)

【ジャカルタ】PT Bayan Resources Tbk (BYAN)とその子会社、PT Bayan Energy (BE)はLow Tuck Kwong氏、SLM Holding Pte Ltd (SLM)、Gallant Power Pte Ltd (Gallant)が所有されるPT Kariangau Powerの全株を取得する。この取引は同じ株主の為、関係取引として分類される。

本日(2023年7月3日)、IDNFinancialsが引用された情報開示において、IDR 461.94 billionの価値を持っているKPの461,943株に関するその売買契約は2023年6月26日に締結された。現金で購入されたその全株の取引額はIDR 176.08 billionに及んだ。

BYANはLow Tuck Kwong氏からIDR 33.75 billionの価値を持っているKPの33,750株を、SLMからIDR 107.60 billionの価値を持っているKPの282,299株を、GallantからIDR 11.59 billionの価値を持っているKPの30,408株を購入する。BYANの子会社、PT BEはSLMからIDR 44.02 billionの価値を持っているKPの115,486株を購入する。

その取引後、BYANはKPの生産能力と利益性が増やせるように、期待する。現在、BYANの子会社、PT Dermaga Perkasapratama (DPP)はKPが所有される2x15メガワットの石炭燃料発電所のバリクパパン石炭ターミナルを経営する会社の一つである。KPから一月毎にIDR 6.25 billion又はIDR 2,500/kWhの価値を持っている250万kWhの電気を取得している。第5段階のバリクパパン石炭ターミナルの拡大は2024年に完了したとき、DPPの電気消費は一月毎に360万kWhに上がると予測される。

KPの電気生産の実経費はIDR 1,260/kWhを記録される。斯くて、KPを取得することによって、BYANは2023年に一月毎にIDR 3.1 billion又はIDR 1,240/kWhを、2024年に一月毎にIDR 4.5 billionを節約することができる。この取得の収益は年毎にUSD 3.6 millionに、4.2年以内又は2028年4月1日までUSD 15 millionに及ぶと予測される。

BYANは2023年6月23日にTempo.coとIDNFinancials間の提携を通じて、打上げられた代替指数、インデクス52の四つ分類に入った発行者の一つである。 (NR/LK/ZH)