PEHA - PT. Phapros Tbk

Rp 520

+10 (+1,96%)

【ジャカルタ】2022年上期に、PT Phapros Tbk (PEHA)の利益はほぼ30%低下しても、当社は伸びたブランド薬品売上を記録した。それはブランド処方薬ポートフォリオを強化し、より広範囲な輸出を支援する今年の当社の目標通りである。

PT Phapros Tbk (PEHA)の取締役社長、Hadi Kardoko氏によると、ブランド薬品の売上は2022年上期に比べ、2023年上期に14.9%伸びたそうである。PEHAの新ブランド薬品の打上げの為、利用されることができるように、この勢は継続できるように、期待される。

「増えるブランド薬品は当社の戦略の一つです。よって、2023年末まで、Phaprosの新製品ポートフォリオは60%のブランド薬品及びその残りジェネリック薬品を含みます。」とKardoko氏は説明した。

輸出市場は今年、PEHAの成長目標となる。輸出収入の貢献は前年比、35.2%急上昇した。支配されるその輸出先はカンボジアとフィリピンである。「我々は未だ、Phaprosの対象となれる多くの国々がありますから、2023年末まで純売上成長が増加できると楽観的です。」とKardoko氏は付け加えた。

しかし、経費が増えた為、PEHAはIDR 11.02 billionの2022年6月に比べ、2023年6月にIDR 7.75 billionに大幅に低下した純利益を記録した。 (NR/ZH)