BJTM - PT. Bank Pembangunan Daerah Jawa Timur Tbk

Rp 500

-10 (-1,96%)

【ジャカルタ】銀行業界の競争がより厳しい最中に、PT Bank Pembangunan Daerah Jawa Timur Tbk (BJTM)は積極的な業績を見せ続ける。インドネシア証券取引所(IDX)で2023年7月25日(火)に情報開示において2023年上期業績を明かす為、アナリスト会合を開催した。

そのアナリスト会合はBank Jatimの取締役社長であるBusrul Iman氏、金融財政世界的サービス担当重役であるEdi Masrianto氏、ミクロ小売中事業担当重役であるR. Arief Wicaksono氏、リスク管理担当重役であるEko Susetyono氏を含み、取締役会によって出席された。

Iman氏がBank Jatimは好調な業績を記録することによって2023年上期を過ごすことができたと語った。2023年上期中、Bank Jatimのローン流通は前年比、13.02%伸びの平均以上、大幅に記録することができた。最高の増加は前年比、25.55%伸びた商業・中小企業ローン、前年比、5.77%伸びた消費者ローンに発生した。

Iman氏によると、事業者向けの融資アクセスは新事業と職業機会を生成する為、可能な限り提供されるそうである。したがって、それは社会福祉につながる。「ローン流通生長はちゃんと機能する経済を反映し、商品とサービスに対する公共の需要増加を示します。」とIman氏は説明した。

そのローン生長は預貸率を45.88%の2022年上期に比べ、2023年上期に59.54%に向上させた。それは6.86%の2022年上期に比べ、2023年上期に5.77%に低下したリスクローン比率が示されたように、向上したローン質が伴った。総不良債権比率は4.12%の2022年上期に比べ、2023年上期に2.80%にも低下した。「低下した総不良債権比率とリスクローン比率はより健全になっているBank Jatimのローン質を見せ、幾つかの経済セクターの回復兆となります。」とIman氏は述べた。

Iman氏によると、Bank Jatimは特に、東ジャワ、信頼される中次ぎの一つとして基本に戻り、より均衡な構成を持っている生産的セクターと消費者セクターへのローン流通を通じて、地域的経済を駆動するものの一つとなり続けるそうである。

それに、Bank Jatimのデジタルバンキングも増加を見せた。JConnectは2023年上期中、積極的な数字を記録した。JConnectモバイルのユーザー数は2023年上期に566,000名に及び、前年比、30%伸びた。そして、その取引額は2023年上期にIDR 3.4 trillionを記録され、2022年上期に比べ、35%伸びた。

一方、JConnect IBコーポレートのユーザー数は2023年上期に7,550名に及び、前年比、23%伸び、その取引額はIDR 853 billionを記録された。なお、Jatim代理店数は2023年上期に4,853名に及び、前年比、30%伸び、その取引額はIDR 7.2 billionを記録された。

「当社のQRIS商人数は90,403名に及び、前年比、61%も伸びました。そして、その取引額はIDR 56 billionを記録され、昨年同期に比べ、76%伸びました。JConnectローンは積極的にも増加し、16,500ローン申請の中で12,300ローン承認を手続きする為、使用されました。」とIman氏は説明した。

Iman氏がBank Jatimは事業加速を達成する為、様々な改変を一貫して実行していると更なる述べた。アカウントオフィサー(AO)数とファンディングオフィサー(FO)数を侵略的に増やし、顧客をセグメント化することによって当社の事業を支援する為、組織変革を含め、行われる五つ改変がある。

「当社のアカウントオフィサー(AO)数とファンディングオフィサー(FO)数の生長は塊状です。2022年上期にAO数は90名のみでしたが、2023年上期に、それは405名に伸びました。その数字は350%伸びを示します。」とIman氏は付け加えた。そして、2023年上期に、それは968名に増加し、74.10%伸びを見せた。

なお、Bank Jatimは幾つかの取組で人的資本をも改変する。それはジャティムインターンシッププログラム(JIP)、オフィス開発プログラム(ODP)、一般銀行業務、ITスタッフ、上席副社長執行役員(SEVP)を含める。そして、Bank Jatimは生産性を強化する為、オートバイ福利厚生制度を通じて、設備と給付をも従業員に提供する。

ルールマキングルールの改変もBank Jatimの注目を逃れられない。当社は内部規制や幾つかの施策を更新した。「我々はBank NTB Syariahとの銀行ビジネスグループの開設でIT・デジタルバンキング変革をも実行し、企業行動を行いました。」とIman氏は述べた。

積極的な業績だけではなく、2023年上期中、Bank Jatimは2023年第6回インフォバンクMRI満足・忠誠心・エンゲージメント・企業評判賞を受賞、2023年インドネシアベスト地域有企業賞、2023年インドネシア広報賞、2023年強迫観念賞、2021年インドネシアの株式会社の持続可能性研究報告、2023年デジテック賞、2023年トップ地域有企業賞、2023年第20回インフォバンクMRIバンキングサービスエクセレンス(BSE)賞、Tempo-IDN Financialsインデクス52の打上げを含め、多くのイベントから多くの賞をも受賞した。 (NR/BJTM/ZH)