MCAS - PT. M Cash Integrasi Tbk

Rp 3.110

-100 (-3,22%)

【ジャカルタ】2023年上期に大幅に減ったPT M Cash Integrasi Tbk (MCAS)の利益は前年比、60%及んだ。それは増えた販売費が引き起こされた。

PT M Cash Integrasi Tbk (MCAS)の取締役兼会社秘書役、Rachel Stephanie M. Siagian氏がその減った利益は特に、Volta、電動車両製品、急上昇したマーケティングとプロモーション景品が原因だったと語った。

「我々は電動車両は社会にとって新たな事だと考慮し、当社のクリーンエネルギーセグメントに関する多くの販売教育や社会化の努力を行います。」とRachel氏は説明した。

MCASは電動オートバイ製造及び2021年12月以降、「Volta」と言うブランド販売を通じて、クリーンエネルギー業界を開始した。「Volta Type 401は過酷な使用条件を持っている利用者向けにデザインされ、オンラインオートバイや物流配達の運転手によってよく使用されます」。

「当社の内部研究によれば、当社の市場占有率は20%〜30%に及ぶと推定されます。」とRachel氏は2023年9月6日にIDNFinancialsとの単独会見の間に付け加えた。

しかし、電動車両使用に関して政府のインセンティブと緩和プログラムによって、経営陣は将来的に電動オートバイの需要が増えると楽観的である。

「よって、これは長期的な利益の為、短期的なピンチとなるはずです。」とRachel氏は述べた。

MCASは製品だけではなく、電池交換ステーションなどインフラを支援する事にも心配りする。Rachel氏によると、2023年6月まで、MCASは約300軒の電池交換ステーションを建ており、その80%〜90%はジャボデタベックに集中されているそうである。

「将来的に、我々は特に、ジャボデタベック以外、必ずそのステーションを、インドネシア全土のディーラーをも展開していきます。」とRachel氏は説明した。

今年、IDR 200 billion〜IDR 300 billionの設備投資で、経営陣は今年末まで電池交換ステーション数を500〜I600軒に増やすのを目指す。「斯くて、我々は今年、200〜300軒のステーションを建てるのを目指します。」とRachel氏は結論付けた。 (NR/ZH)