BEEF - PT. Estika Tata Tiara Tbk

Rp 177

-1 (-1,00%)

【ジャカルタ】2022年12月以降、肉・肉系加工食品の卸業者、PT Estika Tata Tiara Tbk (BEEF)はオーストラリアからの牛輸入許可を貰い、現在、年毎に12,000頭牛の輸入クォータを持っている。

2023年10月5日にBEEFの2023年公開暴露の詳説によれば、2022年末から2023年7月まで、BEEFは約3,457頭牛を輸入した。「10月23日か24日に、我々は又、1,600頭牛を輸入すると予測します。」とBEEFの取締役社長、Imam Subowo氏は述べた。

スバンのフィードロットは4,320頭牛の容積を持っている。「輸入された3,457頭牛の中に1,254頭が残ります。その殆どは販売されました。」とSubowo氏は付け加えた。その発表によれば、牛販売は2023年6月までBEEFの全収入に12%を貢献した。

2023年7月末まで、販売される2,165頭牛は記録された。「来年、我々は一月毎に最小限1,000頭牛を販売するのを目指します。詰まり、又、1,000頭を輸入しなければなりません。」とSubowo氏は述べた。

「今年、我々は12,000頭牛の輸入クォータを記録しました。来年、15,000頭〜16,000頭牛に及べるように、期待します。」とSubowo氏は付け加えた。

輸入活動のルピア為替相場の変動に関して、BEEFは好適な輸出業者から適切な価格を慎重に選ぶと認める。「ヘッジングはお話し合い中です。」とSubowo氏は説明した。 (NR/ZH)