TMAS - PT. Temas Tbk

Rp 151

-2 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Temas Tbk (TMAS)の最高経営責任者、Faty Khusumo氏は2023年12月1日(金)にバリ島、ヌサドゥア、ソフィテルホテルの2023年トップCEO賞で物流・配送のザベストCEO賞を受賞した。Tempo-IDNFinancialsはTMASを通じて、海運業を向上する事に貢献し、実績を獲得したFaty Khusumo氏にその賞を授賞した。

この間、IDNFinancialsはTMASリーディング役割に関してFaty Khusumo氏との会見を行った。その会見の間に、Faty Khusumo氏が国内外の海運業を最適化する為、船舶を取得する計画を述べた。「当社の平均最古船齢は12歳ですが、私の知る限りでは最古船齢は25歳です。我々は今、50隻を持っており、47隻はインドネシアを、3隻は外国航路を横断しております。」とFaty氏は説明した。

Faty氏によると、外国航路を横断する船舶は特に、貨物プロジェクトや460トンの容積を持つ重く大型荷物を運搬する為、使用されるそうである。「よって、我々は大変巨大なダンプトラックや約70メートル長さを持つ風車を一斉に運搬できます。1つのロールで巨大な海底ケーブルをも運搬したことがあります。」とFaty氏は述べた。

2022年に、TMASはIDR 4.87 trillionの純利益を記録し、IDR 3.37 trillionの2021年に比べ、増加した。収益の主要な貢献者はIDR 4.98 trillionを貢献した回漕サービスであった。そして、荷役作業サービスはIDR 545.69 billionを貢献した。運搬された荷物容積は500,998 TEUsの2021年に比べ、2022年に512.371 TEUs、2%伸びた。当期純利益は2022年にIDR 1.41 trillionを記録され、2021年に比べ、102.5%伸びた。回漕サービスはIDR 1.27 trillionの純利益を、荷役作業サービスはIDR 125.21 billionの純利益を貢献した。

資産は過去5年間以内にほぼ倍増した。2022年に、総資産はIDR 4.40 trillionを記録され、IDR 2.83 trillionの2018年に比べ、増加した。負債合計はIDR 1.76 trillionの2018年に比べ、2022年にIDR 2.17 trillionにも増加した。一方、純資産合計はIDR 1.06 trillionの2018年に比べ、2022年にIDR 2.22 trillionに増加した。

2022年に、TMASは海高速道路プログラムにおいて五つ海路をも確保した。

  • 海路T-17︰タンジュン・ペラク−サウムラク−ドボ−タンジュン・ペラク
  • 海路T-18︰タンジュン・ペラク−バダス−ビマ−タンジュン・ペラク
  • 海路T-20︰タンジュン・ペラク−タラカン−ヌヌカン−タンジュン・ペラク
  • 海路T-21︰タンジュン・ペラク−ナムレア−タンジュン・ペラク
  • 海路T-5︰タンジュン・ペラク−メラウケ−アガッツ−ティミカ(ポマコ)−タンジュン・ペラク (NR/LK/ZH)